【横浜街歩き】みなとみらい、新港ふ頭と女神橋

みなとみらいと新高島

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分7秒です。

【横浜街歩き】みなとみらい、新港ふ頭と女神橋

about 女神橋

女神橋は、みなとみらい・インターコンチネンタルホテル横にあるぷかりさん橋付近と、新港ふ頭のカップヌードルミュージアムパークの臨海部をつないだ橋です。

完成前から期待されていた橋だったのですが、今年(2021年)2月に竣工しました。

女神橋が出来るまでは、海沿いからの新港ふ頭入り、あるいはみなとみらい入りをするには国際橋を渡るしかなかったのですが、新たに海沿いの道が開通してくれたことによって、新港ふ頭やみなとみらいエリアの街歩きがまた一段と魅力的になりました。

 

女神橋歩き

インターコンチネンタルホテル横、国際大通りが通っている、

国際橋上から海方向を見ると、

パシフィコの横から新港ふ頭にかけて、新たに橋が架かっているのが分かりますが、この橋が女神橋です。

国際大通り上、みなとみらい側から女神橋を渡るためには、

橋の横に作られた階段を下り、シーバスの”ぷかりさん橋”(Anniversary Cruiseぷかりさん橋“)乗り場を目指します。

海の横を歩いてパシフィコ前、臨港パーク方面を目指すわけですが、以前であれば、ここは直進後に左折する以外のルートが取れませんでした。

ですが今は、ということで、

ぷかりさん橋のすぐ手前から、

新港ふ頭に向けて、女神橋がかかっています。

海沿いにまっすぐ伸びた橋で、正面右手には万葉倶楽部(公式サイト)の建物が見えます。

海方向にはハンマーヘッドとベイブリッジ、

陸側にはコスモクロック、ランドマークタワー、クイーンズスクエア等々、

背後にはインターコンチネンタルホテルにパシフィコ横浜、ぷかりさん橋という、この付近にあってはお馴染みの風景が楽しめるだけなのですが、それが「これまでにはなかった橋上から」という条件を加えるだけで、随分新鮮な風景になって映ります。

最終的に、カップヌードルミュージアムパーク横、ドリームドア(公式サイト)前まで橋は伸びています。

もちろん、みなとみらい側から入ったとしても便利に感じる橋なのですが、女神橋の威力が分かるのはむしろ新港ふ頭、カップヌードルミュージアムパーク側から入った場合かもしれません。

元々新港ふ頭内の海沿いには、赤レンガパークマリンウォークなど、海を見ながら歩けるスポットが多くありました。

ということで以前より「ここからみなとみらいまで海沿いを歩けたら便利だろうなぁ」ということは、カップヌードルミュージアムパーク訪問者の多く(あるいは一定数)が思っていたことだったんじゃないかとも思うのですが、今は新たに商業施設としてのハンマーヘッドが出来たことで、タイミングもばっちりという形で、その”願い”が実現した形になりました。

 

アクセス

タイトルとURLをコピーしました