スポンサーリンク

【横浜観光FAQ】横浜中華街の歩き方

横浜中華街

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分5秒です。

【横浜観光FAQ】横浜中華街の歩き方

簡易版・中華街の歴史

現在の中華街は、横浜の開港と共に、中国人通訳の人たちが住む街として始まります。

元々は、横浜中心部を代表するグルメタウン的な街としてではなく、あくまでも華僑が住む街として成長・発展を遂げた後、戦後昭和の高度成長期以降、現在の「観光地・観光スポットとしての中華街」の形に近づくような成長が始まったようです。

1955年には現在の中華街の門である牌楼が建築され、1964年には根岸線・石川町駅が開通、1972年には横浜市電が全廃されたことで人の流れに根本的な変化が生じますが、同年は日中の国交が正常化された年でもあったことから、中華街にとっては大きなプラスとなります。

その後1980年代中盤になるとバブル景気が発生し、00年代に入ると2004年にはみなとみらい線が開通してさらに利便性が高まることに伴い、中華街の知名度はさらに高まりました。

さらに詳しい情報について、中華街の公式サイトでは、コラム形式で中華街の歴史(公式サイト)がまとめられています。

 

中華街内で押さえておきたい門=牌坊と道

中華街東門(朝陽門)

元町商店街・オブジェ付近から伸びたバス通りに面しているのが、中華街東門(朝陽門)です。

みなとみらい線の元町・中華街駅から一番近い中華街の門がこの朝陽門なのですが、駅出口選択時の注意点としては、「中華街口」ではなく「山下町口」の方が朝陽門に近いことが挙げられます。

双方の出口がそこまで離れているわけではないですし、違いと言えば地下を歩くか地上を歩くかの違いでしかない、結局ほぼ同じ距離を歩くことにはなるのですが、多少の注意は必要かもしれません。

朝陽門=東門からバス通りに対して垂直に伸びた通りは、

一本で山下公園の入り口前の交差点(山下公園中央口)と結ばれています。

 

中華街と牌坊(はいぼう)

中華街では、牌坊(はいぼう。公式サイト)と呼ばれる門が全10基造られています。

東西南北の他6つの門は、それぞれ外側に「中華街」と表記され、内側に門の名前が表記されていますが、いずれも(中華街の区画自体がそうであるように)風水の思想に基づいて造営されたもので、域内の繁栄が祈念されています。

東門=朝陽門の場合は外側に「中華街」、内側に「朝陽門」と記されています。⠀

概して「わかりにくい」と言われる中華街の地理についてですが、10基の牌坊のうちのいくつかと、以下にまとめる大きい通りを4本ほど(中華街大通り、長安道、関帝廟通り、南門シルクロード)覚えておくと、さしあたりかなり歩きやすくなります。

 

中華街大通り・入り口付近

中華街の東門=朝陽門を入ってすぐのところから始まっているのが、中華街大通りです。

「すしざんまい」看板の左側に通された道がそうですが、老舗店や有名店が軒を並べています。

右側に伸びた道は「開港道」で、通り沿いにはローズホテル重慶飯店、”あかいくつ号”乗り場(”中華街”バス停)などがありますが、直進すると「ありあけのハーバー」のハーバーズムーンや中区役所のある区画付近で大さん橋通りに直交し(リンクは全て公式サイトです)、さらに進むと日本大通りの日銀横浜支店前付近に突き当たります。

中華街大通りの入り口左手には、比較的新しいお店である、

崎陽軒のシウマイバー(公式サイト)があります。

食べ歩き要素と「お土産」要素が一体化したようなお店で、シウマイ好き、あるいはシウマイ弁当好きであれば地元民でも普通に立ち寄るという、かなりオススメな一店です。

シウマイバー隣に位置する王府井(公式サイト)も同様に、「中華街食べ歩き」ではメジャーなチェックポイントです(食べ放題やテイクアウトメニューがある他、やや割高感は否めませんがウーバーイーツにも対応しています)。

後述しますが、シウマイバー左側に伸びた道は、南門シルクロードと名づけられた道です。この通り沿いにも、横浜大世界(公式サイト)のような中華街の名物スポットがあります。

 

中華街大通り

「中華街は全くのはじめて」というような場合、一番最初に覚えておくと何かと便利な道が、中華街大通りです。

名物グルメに食べ歩きやエンタメ要素が加味されたような、最初の目的地かつ以降の定番目的地としてもお勧めな、最も知名度の高い通りです。

道沿いには、華正樓

中華街最古のレストランである聘珍楼など老舗名物店の他(聘珍楼の横浜本店は2022年5月15日をもって閉店しました。現在新店舗への移転準備中です。公式サイト”お知らせ“)、

横浜博覧館(お土産、花文字、カフェ、「ベビースターランド」等)、

チャイナスクエア(手相占い、水族館、レストラン等)など、観光要素の濃い施設も用意されています(以上、リンクは全て公式サイトです)。

小籠包やゴマ団子などの食べ歩きが楽しめる他、中華街大通りに並行するように通された関帝廟通りへのつなぎ路地沿いにも、たくさんのお店があります。

市場通り

香港路

中山路、等々。

以上の比較的細い道は、全て、中華街大通りと関帝廟通りをつないでいます。

例えば、目当てのお店での食事が済んだ後でまだ多少お腹が空いている時、お店を変えて飲み直したい時、あるいは用が済んだ後でちょっとぶらぶらしてみようか、なんて時に面白いお店が見つかるかもしれない、「定番以外の楽しみ方をしてみたい」欲求が満たされる可能性を持った一帯ですね。

そこで「何か」が見つかれば、次の訪問時のにはその「何か」を楽しむことがメインになるかもしれません。

そんな変化球も中華街大通りには用意されているということなのですが、「はじめて中華街」や「中華街での時間を手堅く当てに行きたい」場合には間違いなくイチ押しとなる、中華街のメインストリートが中華街大通りです。

 

善隣門と玄武門

東門=朝陽門側から中華街大通りをまっすぐ歩いていくと、

やがて中華街大通りの端点に造られた善隣門に行き当たります。

扁額(へんがく)には「親仁善隣」とありますが、『春秋』(中国・春秋時代の思想家・孔子がしたためた書)の解説書である『春秋左氏伝』から引かれた言葉で、「隣の家や隣の国の人と仲良くすることが、国にとって何より大切なことだ」といったところを意味しています。

横浜=日本にある中華街で掲げられた言葉だという点からは、特に日本にとっての中国(かつての中華民国、現在であれば特に台湾系の人々)、中国にとっての日本といった意味合いですね。

現在も中華街にとって、とても大切な門だと判断されているようです。

善隣門は、横浜公園傍、玄武門から中華街に入った場合の道との交差点に位置する門でもあります。

玄武門から善隣門までは結構距離があるのですが(=ハマスタから中華街大通り界隈までは、なんだかんだで多少歩くことになるのですが)、一本の道なので迷うことはまずないですし、球場で盛り上がった勢いそのままであれば、歩く距離自体もさほど感じないでしょう。

ということで、シーズン中、スタジアムでベイスターズ戦がある日は、ベイスターズや対戦チームのユニフォームを着たファンでにぎわうのも、中華街の日常風景です。

玄武門の向こうには横浜スタジアムの外野席も見えていますが、玄武門の丁度向こう側は、横浜公園内の彼我庭園です。

すぐ前に通されている通りは大さん橋通りで、右側に直進すると開港広場前の交差点、更にその向こうには大さん橋があります。

ハマスタから玄武門を通って中華街大通り方面を目指す場合、そのまま直進すると突き当り交差点左手が善隣門、門の向こうが中華街大通りです。

 

長安道

善隣門の前は、

1&2.長安道(手前左側から右手奥へ)、3.中華街大通り(善隣門奥)、4.西門通り(右下横断歩道の右側に伸びた道)、5.玄武門から伸びた道、以上5本の道が一点で交差する、五差路になっています。

写真中央左から右上に通された道が長安道、善隣門の向こうが中華街大通り、交差点から右方向に伸びた道が西門通り、中央下の横断歩道は玄武門方面から伸びた道に通されています。

善隣門前の交差点から関帝廟通り(中華街大通りに並行している通りです)へ向かうには、下の写真正面方向(長安道)へ進みます(中華街大通りは左手、右手に伸びた道は西門通りです)。

長安道を、関帝廟通り方面へ。

雑貨屋さんがあり、レストランがあり、という感じの通りですが、

道沿いには、横浜中華学院(公式サイト。台湾系の中国人学校)の関係者専用入り口もあります。

横浜中華学院は孫文(1919年に結成された、中国国民党の初代代表)来日時に創立され、明治半ばより同地に存在しているという伝統校で、現在は台湾系の幼稚園~高校が置かれているようです(付近にはもう一校、横浜山手中華学校(公式サイト)という大陸系の学校もあります)。

 

関帝廟通り

関帝廟通りは、中華街大通りに比べるとにぎやかさはやや控えめとなりますが、やはり中々人通りが多い通りです。

通りの名の由来は、そのまま、通り沿いに関帝廟があることに由来しています。

もちろんレストランもたくさんありますし、名物店もありますが、それでもただひたすら観光地然としている大通りに比べると、若干ですが地域住民の生活感なども目立つのが特徴で、「中華街で食べ歩き」的要素も、中華街大通りに比べるとそこまで強いわけではありません。

通り沿いに建てられた赤い電柱なども印象的ですが、

歩道脇には、「日本国新聞発祥の地」記念碑が置かれています。

関帝廟通りを歩いていくと、突き当りにある横浜大世界が徐々に近づいてくるのが分かりますが、

関帝廟通りを歩ききる少し手前のところにある山下町公園(かつて清国や中華民国の総領事館がここに置かれていました)には、「日本のフットボール発祥の地」碑が置かれています。

山下町公園自体は、中華街で歩き疲れた場合に一休みできる程度の、落ち着いた小さな公園なのですが、中に入ってみると・・・

南門シルクロード沿いにある、媽祖廟の裏手に位置していることが分かります。残念ながら山下町公園側から媽祖廟に入ることは出来ず、門も関係者専用となっています。

公園内から関帝廟通り方面を振り返ると、そこそこ落ち着けるスペースがあることが分かりますが、

長安道から入ってここまでくると、南門シルクロードとの交差点に造られた天長門や、そのすぐ向こうにある横浜大世界もすぐ傍です。突き当りを右手に進むと元町商店街方面、左手に進むと中華街の東門方面です。

 

関帝廟

通りの名前になっている関帝廟ですが、

長安道側から関帝廟通りへ入ると、割とすぐのところに位置しています。

開港直後の1862年、関羽の像が供えられた小さな祠が建立されたことがはじまりとなり、以降、日々の暮らしの安寧や商売繁盛を願う華僑の心の拠りどころとなっていきます。

やがて1871年、華僑たちの募金によって本格的な關帝廟が建立されました。

二代目の関帝廟は関東大震災後に、三代目の関帝廟は太平洋戦争後にそれぞれ建立されますが、現在の関帝廟は1986年の火災後、1990年に再建された4代目のものにあたります。商人の守り神だったという関羽存命時の逸話が引き継がれる形で、商売繁盛が祈念されています。

すぐ隣には、横浜中華学院の入り口があります。関係者専用のこの入り口は、グラウンドに通じているようです。

関帝廟は横浜にだけあるというわけではないのもポイントのうちで、例えば日本だと函館や長崎といった他開港都市にも造られているのをはじめ、国内各所や世界各地の中華街に造られています。⠀

 

南門シルクロード

写真左手が朝陽門(山下公園)方向、中華街大通りは右手に位置していますが、真正面に伸びた道が南門シルクロードです。

南門シルクロードの反対側の起点である朱雀門(中華街南門)を通り、元町商店街の霧笛楼(公式サイト)まで、まっすぐ一本の道でつながっています。

関帝廟通りは、丁度横浜大世界(お土産、花文字、天心の屋台、占い、足裏マッサージなど)前から長安道に交差する形で伸びていますが、横浜大世界前にあるのが(下写真の)天長門です。

天長門は、南門シルクロードの丁度真ん中付近にあります。

朝陽門(東門)方面と、

元町商店街方面です。

南門シルクロード自体は、メインとなっている横浜大世界と媽祖廟の他、中華レストランがぼちぼち、雑貨屋さんもぼちぼち、手相占いもぼちぼちという中華街でよく見かける風景を持っている他、リブマックスやオリーブスパがあるなど、「ビジネス街の傍」みたいな雰囲気も多少ですが醸しています。

媽祖廟(後述)を過ぎると、ほどなく南門シルクロードの端点である朱雀門へ。

朱雀門の向こうに”MOTOMACHI”表記が見えますが、

もう少し進むと、霧笛楼(公式サイト)の看板と建物も視界に入ってきます。

かつて(関東大震災以前)ということであれば、山手本通りに向けた名物階段である「元町百段」が、大体現在のこの付近から始まっていたようです。

朱雀門の扁額も、ほかの牌坊同様、外側は「中華街」表記です。

 

媽祖廟

媽祖廟は、南門シルクロード沿い、朱雀門の近くに位置しています。

すぐ裏手が山下町公園です。

⠀「媽祖(まそ)」は航海の守護神として崇められている中国の女神様で、

中国の神様の中でも最高位の神とされています。⠀

開港期には関帝廟内に媽祖廟が置かれ、現在の山下町公園内に清国領事館・中華民国領事館があった時代には、敷地内に天后(=媽祖の別号)宮が置かれました。⠀

かなり時代は飛びますが、その後横浜開港150年の節目に、現在の媽祖廟として再建されたということのようです。

 

中華街の地形を手っ取り早く抑えるための、まとめ

1.まず最初に朝陽門と中華街大通り(必要に応じて元町中華街駅の山下町口)の位置関係を覚える、

2.次に善隣門(朝陽門と同じく中華街大通りの門)・玄武門(中華街・ハマスタ側の門)・長安道の位置関係を覚える、

3.さらに地久門・関帝廟通り・天長門の位置関係をそこにつなげて、

4.最後に南門シルクロードを抑えておく

これだけで、とりあえずの地形は把握しやすいと思います。

もちろん、4→1と逆から進めてもいいのですが、要は「中華街の真ん中の長方形を抑えてしまおう!」という部分が肝になります。

今回の記事が、記事を読んでくださった皆様にとって、何かのお役に立てれば幸いですということで、中華街関係の記事については、今後も機会があればぼちぼち更新していく予定です。

タイトルとURLをコピーしました